バックナンバー

渋江屋敷の全ぼう解明か 秋田藩8人の家老輩出 屈指の門閥

(雪国TODAY2018年9月号/全文1700文字/写真3枚)

度重なる焼失などで極めて資料の乏しい秋田藩・久保田城と重臣の生活実態の一端が、8人の家老を輩出した渋江家屋敷跡地の発掘調査で明らかになる可能性が出てきた。

 秋田県民会館の敷地は渋江の屋敷跡。現在、建て替えのために解体中で、更地になった直後の調査が当時の手掛かりを知る最後の機会になると関係者はみている。

発掘調査が進む県民会館敷地。渋江屋敷の全ぼう解明か      

  秋田県埋蔵文化財センターの磯村亨専門員によると、調査は東海林太郎の銅像があったポケットパーク200平方㍍をほぼ終え、敷地の市道沿いを掘り起こしている。渋江屋敷の全ぼうは不明。ただ、明治17年に作成した「陸軍所轄地秋田城全図」が手掛かりになるとみている。

 全図に示された渋江屋敷には4つの井戸がある。和洋高校との境界に2カ所、東海林太郎銅像の近くに1カ所。ジョイナス正面付近に1カ所。敷地内の井戸の数で屋敷内に居住していた家臣、奉公人の人数がわかる。

 井戸の数を確定させることは重要。久保田城内に関していえば井戸の数さえ定かではない。久保田城の度重なる焼失。1633年の本丸焼失で藩主は2年にわたって渋江屋敷を仮御殿にしている。

 渋江屋敷の4つの井戸で城内に居住していた人数を知る手掛かりになる可能性もある。

 秋田市立佐竹資料館の榎良昭学芸員は「渋江屋敷の4つの井戸は興味深い。屋敷に住む人たちだけでなく、城の火災に備え城内の佐竹の家族、家臣、奉公人の暮らしに必要な水量が井戸4つ分だった可能性もある。事実、渋江屋敷は本丸焼失の約50年後に焼失。それから約100年後の1778年に再び本丸が全焼。このときも渋江屋敷に3年にわたって仮住まいした。渋江は濁川の下屋敷に転居した。財政難だった秋田藩。井戸の数から窮乏ぶりの真相が見えてくるかもわからない。

 (残り900文字/写真2枚)       

続きを読む(只今準備中)

弔いの形 どこへ向かう? 墓じまい加速 秋田市は4ヶ月で昨年度の2倍に

(雪国TODAY2018年9月号/全部1770文字/写真5枚)

晩夏の秋田市天徳寺山(泉五庵山)の市民墓苑に小雨が降り続いていた。人の気配はない。その静けさに盆のお墓参りのにぎわいが遠い昔のような錯覚にとらわれた。

 

先祖代々の墓をどうしようか。お盆休みで帰省した人たちが受け継がれてきた墓を更地に戻す墓じまいを決断するケースが加速している。(敬称略)

約6000基の墓石が建つ秋田市天徳寺山の市民墓苑。墓じまいが増加

天徳寺山の麓にある秋田藩主佐竹の菩提寺・天徳寺。県内曹洞宗の筆頭。その曹洞宗宗務所・禅センターは天徳寺山に通じる参道にあった。

 

宗派の僧侶が交代で宗務所に詰める。「お墓は個人情報の最たるもの。墓じまいについては何も言えない」

墓を守る人、そして墓じまいをする人。帰省した人たちの悩みを裏付けるように秋田市の4月から8月までの改葬(墓じまい)許可は、わずか4ヵ月余で昨年度を大きく上回っている。

 

墓じまい、檀家の減少はお寺の経営に直結する。お盆休み明けの秋田市市民課。担当者が首をひねった。

 

「改葬申請が目立って増えている。毎日のように窓口に届け出がある」。市民課によると、4月1日から8月17日まで97件の申請。29年度は1年間で58件、28年度は69件。

 

市民課は「墓じまいが一気に加速しているのかもう少し様子を見ないとわからない」とした上で、「墓じまいは届け出は必要だが、遺骨の受け入れについては自治体の許可が必要ない。遺骨がどこに移動するのかは把握できるが、逆に秋田市内に移動してきた遺骨の数は把握できない。市内の寺の墓が増えているのか減少しているのかもよくわからない」。

 

雨上がりの市民墓苑。管理する作業員がつぶやいた。

「きょうは墓じまいがない。こんな日はめったにないよ。毎日のように墓石が撤去され、更地になる。何しろ6000基もの墓がある。遺骨が墓苑内の合葬墓に移されたり、子どもたちの住む都会へ移動したりする」

 

天徳寺山の市民墓苑内での遺骨の移動については改葬許可の統計には出てこない。

誰もがいつかは迎える「死」。私たちの弔いの形はどこへ向かうのだろうか。

秋田県湯沢市の中堅仏壇メーカー・㈲新平堂が設計、製造している供養家具が注目されている。

従来の仏壇のイメージを一新。家具と仏壇のどちらにも使えるデザインは、都内で開かれた家具や生活雑貨の国際見本市「東京インターナショナル・ギフト・ショー」で、最高賞を獲得した。

 

 

いかにして供養家具が生まれたのか。湯沢市川連町の新平堂を訪ね、社長の高橋恒仁に供養家具誕生の背景を聞いた。

 

 

続きを読む(只今準備中)

集票の現場 自民国会議員が地元を奔走  県政報告会が国政の場に

(雪国TODAY2018年9月号/全文5800文字/写真20枚)

8月10日午前の東京・永田町。石破派の水月会定例会は高揚していた。冨樫議員は石破茂元幹事長の話に耳を傾けていた。石破はまだ正式に総裁選出馬を表明していない。「私の意見を述べる」と冨樫。「お盆期間中は選挙区の人たちと触れ合える行事が目白押し。会長への投票を訴える絶好の機会だ。私は午後の飛行機で地元に帰る。定例会終了後に必ず出馬表明をしてもらいたい」との言葉を残し、出馬表明の場に立ち会うことなく羽田空港に直行。今川雄策県議の県政報告会へ急いだ。


体育館の隣にある調理室から枝豆の匂いがプーンとしてきた。室内に入るとテーブルの上にナスとキュウリの漬物を盛った皿がずらっと。首にタオルを巻いた女性たちの汗が光る。

 

お盆を3日後に控えた夕刻の秋田市。自民党県議の県政報告会の会場になった泉地区コミュニティセンターに年配の人たちと一緒に、秋田市に事務所を置く国会議員3人も吸い込まれていった。

 

あす9月7日、事実上の総理大臣を選ぶ自民党総裁選が告示される。県内約9000人の自民党員の1票が国の政治を左右することになる。

呉越同舟なのか、同床異夢とうべきか。それとも多士済々の人材がそろう自民党の活力の現場か、懐の深さか。

来賓席に座った3人の国会議員。向かって左から石破派の冨樫博之衆院議員(秋田1区)、党県連会長の竹下派・石井浩郎参院議員、来年夏に改選期を迎える岸田派の中泉松司参院議員。

 

自主投票で衆院と参院の分裂選挙が確定した竹下派。が、石井は派内参院の態勢と一線を画し、「経済、外交、地方重視で着実に実績を積み重ねる安倍首相に続投してもらいたい」と安倍支持を報告会で明確にした。

 

総裁選出馬を断念し、安倍支持を打ち出した岸田文雄政調会長。中泉は「初戦の金農の全力プレー、全力校歌に県民が感動した。自民党も自分も全力で秋田のために尽くしたい。総裁選は派閥の意向に当然従う」と安倍支持をにじませると同時に、参院選に向けて県内を駆け回る自らの姿を金農野球と重ねた。

 

「県政報告会が国政報告会になった」と戸惑いを見せた今川県議。自民党総裁選を機に3人の政治風景を見た。

 

《石井浩郎参院議員》

安倍首相続投が国益 野球人生を政治家の原点に

延長国会終盤7月11日の参院政治倫理・選挙制度特別委員会(倫選特)。委員長に対する野党からの問責決議、不信任案の否決を挟んで選挙制度改革法案の質疑が終了した。

「これにて散開します」。委員長の石井浩郎は毅然と宣言した。その後、参院本会議で参院定数6増の法案が可決された時、午後8時になろうとしていた。与野党攻防の最前線となった特別委。石井は粘り強く法案可決への道筋をつけた。

続きを読む(只今準備中)

トワイライトコンサート終盤に 秋田市・大町パティオ

(雪国TODAY2018年9月号/全部810文字/写真3枚)

土曜の夜の街にkiriのパワフルな歌声が響いた。スウェーデンのポップグルーム・アバ(ABBA)の『ダンシングクイーン』。kiriの大好きな持ち歌だ。

秋田市在住の会社員、桐原知子さん。愛称はkiri。音楽教室で知り合った仲間6人と女性ボーカルグループ『グレイスフルシンガーズ』を結成した。

「アバなど1970年代のポップが大好き。どちらかと言えば力強い歌が私に合っている。マライヤ・キャリーもいい」。コンサートの終盤、歌い手とどこからともなく集まった音楽好きの人たちの一体感が会場を包んだ。

秋田市大町・パティオの中庭で6月9日にスタートした「トワイライトリレー
コンサート」。9月8日が今年度最後のステージとなる。

入場無料。どうやって運営してる?プログラムを手にとってみた。

――街がトワイライトに輝く頃、音楽を愛する人々がどこからともなく集まりだす。毎年恒例となり今年で18年目になります。

自由な精神と表現をパティオのオープンスペースを使って、ストリート感覚で観客と同じ目線に立って繰り広げます。そしてミュージシャン同士、互いに意識しながら熱い演奏でバトルする。

ミュージシャンにとっては音楽を通じた交流の場、そして住民が気軽にライブが楽しめる空間――

佐藤智司さん

桐原知子さん

「音楽で地域おこしをしたいと願っている。仙台の定禅寺ストリートジャズコンサートがお手本。ささやかに始まったトワイライトコンサートは80グループが参加するまでになった。ミュージシャンがここで腕を磨いている」とコンサート実行委の佐藤智司さん。

9月8日から始まる定禅寺ジャズコンサート。"トワイライト"で育ったグループも参加する。