バックナンバー

秋田市の那珂さんが“酒場放浪記 スマートフォンにアップ

(雪国TODAY2018年7.8月号/全文740文字/写真2枚)

動画「酒のアテこの一品」をアップした那珂さん。ロンドのカウンター席で 5月の最後の夜、ソファで寝っ転がってスマートフォンの動画を見ていたら突然、秋田市の見慣れた街角が出てきた。市役所裏の道を初老の男が歩き、何かつぶやいている。

 

「酒のアテこの一品」をアップした那珂さん。ロンドのカウンター席で

 

「酒のアテこの一品」をアップした那珂さん。ロンドのカウンター席で

――若い頃観た異色の西部劇『男の出発』という映画のワンシーンでカウボーイたちが荒野で火を囲みながら話をしている。その中の一人が言った。「街の好きなところは街に入る時と荒野へ帰る時だ」。このセリフが私の頭の中に残っているのは共感できるからだ――

 

71歳の男の足取りは軽やかで、つぶやきは続く。

――ただ私の場合「居酒屋の好きなところは店の暖簾をくぐって入る時と帰る時だ」と思っている――

 

カメラのアングルが変わり「清美食堂」の暖簾がアップに。清美食堂は家族経営で、低価格と家庭料理が山王界隈の公務員や会社員に愛され続ける“大衆酒場”の名店だ。アルマイト風ステンレスに入った肉鍋が人気。

 

男のつぶやきはさらに続く。

――私が必ず注文するのは肉鍋。肉鍋が頭に浮かんだ時は「清美食堂」、清美食堂が頭に浮かんだ時は「肉鍋」。誰にも邪魔されず鍋を睨みながら酒を飲むのが楽しい。この肉鍋はカツオの出汁をベースに豚肉と野菜の旨味が出てあっさりしているわりには奥深い――

 

肉鍋のうんちくも始まった。

――食べ方によっては変化も楽しめる。例えば半熟卵を崩して食べれば醤油がしみ込んだ豆腐や肉がまろやかになり、半熟卵を崩さず食べれば、透きとおった醤油スープが楽しめる。これで日本酒3合はいける。店を出る時は「食った!飲んだ!」――

 

 男の名前は那珂静男さん。秋田市大町にあるジャズスポット「ロンド」のマスター。ドラマ、CM の映像監督など多彩な顔を持つ。著書『月夜は遠回りして帰ろう』はユーモアとペーソスに溢れる。

――家人が待つ自分の店に戻る時、店のドアを開けるオドオド感で今までの気持ち良い酔いが一気にさめるのが残念だ――

 

那珂さんの「酒のアテこの一品」シリーズは5月31日夜からアップ。YouTube の動画でも楽しめる。