バックナンバー

ハタハタの海 変調が鮮明 冷水塊が原因か ホッケ磯釣り 好調いつまで

(雪国TODAY2018年5月号/全文1450文字/写真8枚)

午前8時半に秋田県船川港を出航した調査船・千秋丸の海水計測、資源調査が北浦沖合で佳境を迎えていた。同時刻、男鹿半島西海岸の潮瀬崎・岩場。例年は漁期が終了しているはずのホッケを狙う釣り人が目立つ。

 

その潮瀬崎に近い双六漁港の船主が浮かぬ顔。双六から門前方向に2㌔の小浜の船溜まり。「きょうの漁はさっぱり駄目。潮が読めない」と漁師。秋田県沖の“ハタハタの海”の変調が鮮明になってきた。(敬称略)

 

秋田県沖合“ハタハタの海”の変調が鮮明に(潟上市の出戸浜海水浴場)


潮瀬崎の岩場。「ホッケの磯釣りは例年だと4月上旬で終了。でも今年は違う。きょうもクーラーボックスがホッケでいっぱい。2月からずっとこんな調子。ホッケの魚群が濃い」と秋田市から来た釣り人。

 

県ハタハタ資源対策協議会(遠藤実座長)が今季のハタハタ漁を総括した。2017 年漁期(17 年9月~ 18 年6月)の漁獲量が2月末現在で、478㌧と漁獲枠(720㌧)の66%にとどまっていると報告した。

千秋丸のデータ収集(写真は秋田県水産振興センター提供)

20 年ぶりの低水準。推計資源量の4割としてきた漁獲枠について、3割まで引き下げるなど新たな資源管理対策が必要とした。「ハタハタは大きな収入源。休漁しろということか」と漁業者からため息が出た。

漁業者の困惑が深まっている。

 

変調が鮮明になった“ハタハタの海”。秋田沿岸の海の塩分、水温、潮流のデータ収集、分析を担当するセンター資源部の研究員・福田姫子は海水温の変化を注視していた。

 

昨年来のホッケの好調な磯釣りに、福田は「ホッケは冷たい水温を好む。データからも数年にわたって海水温の低下傾向が続いていることが分かっている。ホッケ爆釣と重なる」と話し、「ただ、この100年でみると、秋田の海は水温が1.96 度も上昇している。これは世界の海の中でも際立った上昇」と推測した。

続きを読む(只今準備中)