バックナンバー

春山スキー 秋田駒オールドコースへGO ! 

(雪国TODAY2018年3月号/全文2400文字/写真8枚)

秋田県乳頭温泉郷を山懐に抱く秋田駒の春山スキーがにぎわっている。かつてのゲレンデからリフトが撤去され、代わってバックカントリースキーを楽しむ人たちの人気コースに。あなたも大自然の中に飛び込んでみませんか。

 

雪上車・キャットの高度が上がるに連れて美しい白銀の峰々が迫ってきた。男岳、女岳、男女岳が連なる秋田駒ヶ岳(1637㍍)のオールドコースが春スキーのハイシーズンに突入した。

「キャットが運行を開始した2月以降、天気は大荒れだった。3月に入って、ようやく天候が安定した。これからが春スキー本番」とキャット運転士の黒沢高成さん。

田沢湖高原のアルパこまくさを午前9時半に出発した満員のキャット(定員20人)がスキーヤー、ボーダーを乗せて8合目を目指した。秋田駒オールドコースは雪上車導入でいまや、国内屈指の春スキー山岳コースとなった。キャットがかつての田沢湖高原スキー場、その後に運営会社が代わったアッスルスキー場の第1、第2、第3ゲレンデを雪煙を上げて進む。まもなく樹氷原のエリアに入った。首都圏から来たというグループ。「夜行バスで早朝、田沢湖高原に到着。8合目から山頂を目指す。バックカントリースキーを楽しんで夜行バスで帰る弾丸ツアーに参加した」

 雪面を見ると、野ウサギやキツネの足跡が驚くほど多数点在している。林間を縫うようにスキーヤーが滑走している。スノーボードを楽しむ人も。駒ヶ岳で四季を通じてトレッキングなどのガイドをしている田沢湖アウトドアツアー。日本山岳ガイド協会認定などの専門知識を持った4人が安全な春山スキー、スノーボードに対応している。代表の佐藤裕之さんは「晴れた日の男女岳のオープンバーンは雪が締まり、ダイナミックな滑走を楽しめる。

続きを読む(只今準備中)