バックナンバー

多彩なゲスト“大和ワールド” 民放3曲でパーソナリティー

(雪国TODAY2018年2月号/全部1665文字/写真5枚)

いったい、いつ寝ているのだろうか。時にこんな人に出会うことがある。多忙な男だ。秋田市新屋で福祉健康 新屋温泉を営む髙橋大和68歳。本業は稼業の髙松木材㈱社長。ある時はディナーショーの前座でムード歌謡を歌い、地元の保護司を務め、宅建協会では存在感を発揮、秋田県林業技術交換研修会で秋田の林業の未来を語った。地元民放3局でパーソナリティーを務める彼をスタジオに訪ね、〝大和ワールド〞をのぞいた。 (敬称略)

エフエム秋田で左から石川、髙橋、金子

雪深い秋田市椿台。日が暮れてFM椿台のスタジオに灯りがついた。ディレクターの黒崎ゆり子が「スタート」の合図を送り、放送回数720回を超える同局の最長寿番組『髙橋大和のこれこそ真昼の夢トーク』の収録が始まった。

 

この日、髙橋が招いたゲストは秋田県庁裏の市町村会館で味どころ「しの八」を営む高堰喜代忠69歳。店を開いて40年。高堰の人柄と絶品の魚料理を楽しみに県庁職員、県議、山王界隈の社長、会社員らが来店する。

 

「高堰ってどう書くの。そうか、堰の文字の右側は1日中、女を囲むか。うらやましい名前だ」。髙橋の軽妙なトークが始まった。

 

FM椿台でしの八の高堰店主

 「大和さんが招くゲストは多士済々。今回のゲストのしの八さんで250人。多分、お客さんは何年もお店に通って定年を迎え、山王界隈から去る。昇進、転勤、歓送迎会など自分の仕事人生の節目でしの八が重なる。しの八のご主人はどんな人だったのかな。聞いておけば良かったと後で後悔する人も。でも、FM椿台で大和ワールドに引き込まれ、高堰さんの人生を知る人が多いと思う」と黒崎。

髙橋がFM椿台に招いたゲストにそれぞれの人生があり、リスナーにもそれぞれの人生。


高堰さんは旧阿仁町中村の出身。クマ牧場の近くだという。4代続いたマタギの家で、旅館を経営していた。米内沢高校を卒業後に東京・目黒の雅叙園に就職。料理の世界に入った。東京での修行は10年。秋田に来て2、3年後にしの八を開店した。

 

「趣味は海釣り。釣った魚を店で提供した。忘れられないのは体調95㌢のヒラメ。県記録だった。秋田マリーナから1時間半の海域で30分の格闘の末、釣り上げた。刺身50人分、お客さんに食べてもらった」

新年会で髙橋と歌手の大黒舞

FM椿台で和やかに収録


夢はなんでしょうか?

番組の最後に高橋が聞いた。

「69歳で夢を語るのもなんですが、もう一度、京都か東京で料理の修行を積みたい」

『髙橋大和のこれこそ真昼の夢トーク』のエンディング曲が流れ、FM椿台の収録の夜が更けていく。

 

ABS秋田放送の長寿ラジオ番組『まめだす!ねんりん倶楽部』。

「今日のゲストは豪雪の横手市雄物川町沼館から息をふー、ふー吐きながらスタジオにたどり着いた辻田与五郎さん。長男なのに五郎さんだそうです」

同局のベテランアナウンサー佐藤美知子が歯切れ良くゲストを紹介した。

 

「血液型と人間関係、成功の哲学を研究している。講演が大好き。でも困ったことに研究者として周囲に認知されていないかも。漫談家と思っている人が多い」

辻田が不満そうにリスナーに訴えた。

 

辻田も、佐藤も、髙橋も、番組の進行役の秋田大学教授の佐々木和貴も全員年輪を重ねた60歳代。スタジオに〝まめな人たち〞の空気が流れた。「番組が始まって8年。これまで大和さんが招いたゲストは100人かな。多彩な人脈にただただ驚いている」

 

ABS秋田放送で左から辻田、佐々木、佐藤、髙橋

 

髙橋の秋田高校同期で事務用品や事務機器を扱う㈲金圓の社長、金子真悟がぼくとつとした語り口でマイクに向かっている。

エフエム秋田の2階スタジオ。几帳面な人柄と違った一面を持つユーモアあふれる小話が大好きな金子を『髙橋大和の知の泉・人の森』のゲストに招いた。

 

秋田市大町の交差点で信号待ちしていると、交番のおまわりさんが注意した。

「おばあさん、赤信号で渡って来ると危ないよ。車にひかれたら大変だべ。信号が目に入らねがったか?」

「なも、おまわりさんが目に入らねがったもの」

 

「マイクの向こうで、リスナーがクスッと笑う。そんな番組です」とアナウンサーの石川文子が締めくくった。

森吉山厳冬樹氷原をゆく白銀の世界果てしなく  手つかずの自然、バックカントリースキーヤーを魅了

(雪国TODAY2018年2月号/全文6050文字/写真15枚)

 樹氷の先の稜線が澄んだ青空を切った。そのスカイラインの美しさに言葉を失った。シベリアからの寒気で冬型の気圧配置が続く。つかの間の晴れ間、バックカントリースキーを楽しむツアー。1枚バーンに残したシュプールを目に焼き付けようと振り返った。果てしなく広がる白銀の世界。秋田県森吉山(1454㍍)の樹氷が最も美しいときを迎えた。 (敬称略)

ゴンドラ山頂駅から徒歩5分。「皆さん、ここから樹氷平。1周30分の樹氷観賞コースを楽しみましょう。雪と氷のモンスターが迎えてくれます」。森吉山の樹氷案内協議会のメンバーが呼び掛けた。

早朝、森吉山の樹氷案内協議会スタッフが踏み固めたコースを中国人グループが歓声を上げながら出発した。それに続いて地元の家族連れ、首都圏からの一行も。

快晴の森吉山。ゴンドラ山頂駅を目指す。白銀の世界が果てしなく広がる(写真はガイド大川さん撮影)

森吉山の樹氷群は、標高1100㍍付近から山頂部一帯に広がる アオモリトドマツの原生林が 氷と雪をまとったアイスモンスターだ。 樹氷は氷点下でも凍らない「過冷却水滴」を含んだ強風雲が、 アオモリトドマツの枝に吹き付けた瞬間に凍り付き 、風上に向かってエビのしっぽ状に成長する厳冬期の造形美。

「今日のようなつかの間の晴れ間、アイスモンスターの雪中行軍を見ることができる」と案内人。樹氷を指差し、初めて見る樹氷に驚嘆する人たちに呼び掛けた。「ほら、このモンスターはゴジラにそっくり」

世界的にも樹氷が見られる場所は限られている。日本の樹氷群は極めて希少価値が高い。
国内の樹氷群は、東北では森吉山、蔵王(山形県、宮城県)、八幡平(秋田県、岩手県)、八甲田山(青森県)が有名。西日本では氷ノ山(兵庫県、鳥取県)と伊吹山(滋賀県、岐阜県)が知られている。

樹氷の形成条件は限定的だ。樹氷となる針葉樹のアオモリトドマツの樹海が高山の西側( 日本海側) に広がっていることが絶対条件。日本海から蒸発した水蒸気を上空まで押し上げ、氷点下でも凍らない過冷却水滴を作る山脈があることが必要不可欠。加えて風速10㍍以上の季節風が吹く豪雪地帯が条件。

北海道では季節風が津軽海峡を吹き抜けてしまい、過冷却水滴ができにくいため、樹氷を見ることはできない。日本海側独立峰の森吉山に樹氷ができる好条件が全てそろった。世界、国内トップクラスの森吉山樹氷帯がインターネットで発信され、山スキー愛好家の注目度もトップ級だ。

 

「皆さん、このモンスターを見てください。ほら、エビのしっぽができていく瞬間だよ。過冷却水滴がアオモリトドマツの枝に衝突した瞬間を皆さんは目撃している。アオモリトドマツの小枝が凍り付き、風上に向かってエビのしっぽ状に成長している。よく見て。エビのしっぽが大きくなっていくでしょ。

続きを読む(只今準備中)