バックナンバー

“日本ワインの父”澤登の遺志継ぐ者  国立市から横手市へ 娘夫婦がブドウ農園主、育種家として挑戦の日々

(雪国TODAY2018年1月号/全文3600文字/写真6枚)

未明から降り続いた雪。ブドウ畑は一夜明けると、膝まで積もった新雪に覆われていた。農園主はブドウ棚の倒壊を恐れた。秋田県横手市大森の保呂羽(ほろわ)カントリーファーム32回目の新年が雪との闘いで始まった。山梨から東京・国立、そして雪深い出羽丘陵へ。父と娘、娘の夫―2代にわたるワインに懸けた夢が続く。(敬称略)

保呂羽カントリーファーム2016年産の山ブドウ交配種「小公子」で作られた赤ワイン。

ラベルに339本限定の刻印。大仙市の卸しカネトクの委託で岩手のワイナリーが醸造し、昨年6月に同社が販売した。

そのうちの1本。瓶詰めから半年経過した年明けに栓を開けた。辛口で芳醇。口に広がった赤ワインは程よいまろやかさで、苦みがちょうど良い。

瓶のラベルに農園主が一文を寄せている。

―赤ワイン用ブドウ「小公子」は、中山間地の農業振興に力を尽くしてきた民間育種家・故澤登晴雄氏の育成品種で、山ブドウ交配種と言われています。

この品種は赤ワイン用ブドウ品種の中でもポリフェノールが豊かで桑の実のような味わいも感じられます。

色調は青色を帯びた黒紫色、野性的な力強い果実味や香りを楽しんでいただきたいミディアムボディの辛口ワインです。

原料ブドウの栽培には、化学肥料や除草剤を一切使用していません。そしてできる限り農薬を減らす努力を続けています―

 

「小公子」とは別にファームの主力品種は山ブドウ交配種の改良を重ねた「ヒマラヤベイリー22」。10月上旬に3日間で収穫し、山形のワイナリーで醸造。クリスマスの販売にようやく間に合った。限定648本(720㍉㍑)で、販売店は地元大森町のうえたストア、安田商店と平鹿町浅舞の石川商店、十文字道の駅。それに大仙市のカネトクの5カ所。17年産「小公子」は岩手のワイナリーで熟成中。今年6月の瓶詰めを予定している。

「例年よりも雪が多い。今冬は豪雪の予感がする」。膝まで積もった雪を漕ぎながらブドウ園に辿り着いた農園主の佐々木敏明(60)。広さ80㌃に張り巡らされたブドウ棚が雪の重みで倒壊していないかと心配だった。

 

収穫後の昨年10月以降、雪融けの3月までブドウは休眠期。この間の枝の剪定、誘引がブドウの品質、収量に直結する。「晩秋のブドウ畑はモグラ、野ネズミ、野ウサギの楽園だった。土壌は軟らかくふかふか。ブドウの栽培に適した土を作るために30年を要した」と佐々木。

 

「30年前、やっとのことで土地を取得。でも粘土質で酸性土壌、しかも斜面。資金の手当にも苦労した」と話す妻の三千代(61)が佐々木の人生に大きな影響を与えている。

続きを読む(只今準備中)