バックナンバー

彼は南太平洋の島からやって来た もう一人は華麗なラグビーを追い求めた 秋田ノーザンブレッツ 二人の原点

(雪国TODAY2017年10月号/全文3870文字/写真19枚)

秋田市の東北電力運動公園でセタレキ監督を囲むノーザンブレッツの選手たち

秋田市にある雄物川河口の東北電力運動公園に照明が点灯した。仕事を終え三々五々集まったフィフティーン。更衣室でユニフォームに着替えるとピッチに飛び出し、彼を取り囲んだ。

彼は南太平洋のフィジーからやって来た。ラグビー・ワールドカップ2回出場、世界にその名を馳せた国民的英雄、往年の名フランカーだ。

 

 

その彼を見いだしたもう一人は、1年生で大学選手権出場を果たし、明治大学を優勝に導いた。フィジーの華麗なプレースタイルを選択した秋田ノーザンブレッ(北の弾丸)の2017シーズンが始まった。2人の原点を見た。

開幕戦で大幅な戦力強化を図った清水建設ブルーシャークスに後半逆転され、続くヤクルトレビンズに大敗した。フォワードとバックス陣との
連携、ラインアウト、パスワークなど細かいミスが響いた。

華麗なラグビーは遠かった。「秋田に帰ったら基本練習を徹底したい。目指すランニングラグビーは正確なパスが大切。そしてペナルティを最小限にしなければ‥」と初采配を振るった彼は唇をかんだ。

フィジーのクラブチームで活躍していた彼は1992年から2003年までナショナルチームに所属。ポジションはフォワード第3列のオープンサイドフランカー、時にナンバー8も。チームの要だ。この間にワールドカップ出場2回。国際試合出場は31キャップ(試合)。フィジーで彼の名を知らない者はいない国民的英雄だ。

現役時代、世界のラグビーの潮流を変えたセタレキ監督

秋田市在住のセタレキ監督と家族

03年ワールドカップを最後にフィジー代表チームを去り、その年秋に来日した時は36歳だった。社会人の強豪日野自動車に加わり、翌年からコーチ兼任選手として現役を続行している。その後、39歳で設立3年目のノーザンブレッツに転籍。41歳から選手兼サポートコーチとしてチームを支え、今季から監督に就任している。

秋田市国際交流員を務める彼は、同郷の妻ティアナと秋田国際教養大学で学ぶ長女、秋田工業高ラグビー部員の長男、将軍野中ラグビー部員の2男、それに小学生の2女と秋田市に在住している。

監督就任の打診を受けた昨年、一家は久しぶりにフィジーに里帰りしている。
「私と妻の実家がある首都スバの公園ではストリートラグビーが盛んに行われていた。子どもたちも大人も楽しそうだった。3対3に別れ、1本のラインを越えると得点。スクラムはない。タッチラグビーです。のどかな光景だった。リオデジャネイロ五輪の7人制ラグビーでフィジーが金メダルを獲得した理由がわかった気がした」

続きを読む(只今準備中)