バックナンバー

うまい!地魚料理 寒ダラ求め漁師町へ 平沢・金浦・象潟3漁港

(雪国TODAY2017年2月号/全文1430文字/写真7枚)

350年の歴史を持つ掛魚祭り。金浦山神社に奉納されたタラ

急な石段を氏子の漁師が2人一組でタラを棒に吊るし、掛け声を上げながら登ってきた。神楽の音が響く社殿。「ほう、でかい。今年一番のサイズ」と詰めかけた人たちがどよめいた。大タラは、えらから口に通された荒縄で棒にだらりと吊るされ、目は一様に飛び出している。350年漁師町に続く奇祭、にかほ市の金浦山神社の掛魚(かけよ)祭り。この日を境に寒ダラ漁が終盤に入った。

昼過ぎの金浦漁港にタラ漁を終えた底引き漁船が次々と帰港し、浜が活気づいた。「やっと漁ができた。しばらく海が時化(しけ)ていた」と底引き網漁船・浩栄丸16㌧の今井浩一船長。

浩栄丸の今井船長

松宝丸の佐藤船長

 

金浦漁港のせり。せり人と仲買人が真剣勝負


この日、僚船の松宝丸17㌧と午前3時に金浦漁港を出航。予報では昼過ぎから北西の風が強まり時化。

「今日の網入れは3回。海が荒れる前に漁を終えた。通常は5回の網入れで100本から200本獲る。今日は50本。今季は海水温が下がり切っていない。ぱっとしない漁が続いている。今後の漁に期待したい」

 

昔も今も浜の風景は変わらない。金浦漁港では今井さんの家族が浩栄丸の着岸を待ちわびていた。「時化の前に帰港できてよかった」。午後の海は予報どおり北西の風が吹きつけ、白波がたち、時化直前の様相となった。金浦山神社の社殿。神主が漁の安全と豊漁を願って祝詞を奏上している。松宝丸船長の佐藤正勝さんが奉納した大タラにお祓いの順番がきた。浩栄丸と向かった金浦沖でのタラ漁を思い出した。

 

「午後から海が荒れるとの予報があったものの波は0・5㍍。穏やかな冬の海の夜明けだった。この日まで時化の日が多く、出漁の回数は昨年に比べて少なかった。穏やかな海に漁を続けるか一瞬迷った」

 

金浦漁港せり場。妻の妙子さんがせりに出すタラのチェックに忙しい。「良い値がついてほしい。でも夫には安全な漁を心がけてほしい」

 

掛魚祭りの1 週間前、休日の秋田市市民市場。金浦産タラ汁が1杯200円で振る舞われた。毎年行われる市場の寒ダラ祭りを楽しみにしている買い物客は少なくない。

金浦漁港のせりに出された大タラ

「タラのだだみ(白子)が淡いピンク色。新鮮だ。イベントに合わせて市場でだだみを買い、タラ汁を味わった」と市場近所に住む夫婦。

「来週はタラ漁でにぎわう漁師町の金浦、象潟、平沢へ行くつもり。本場のタラ料理味わいたい」と付け加えた。

 

にかほ市観光協会が1ヵ月間にわたって繰り広げたタラ料理のおもてなし「んだっ鱈(たら)、にかほ市へ!」が2月11日で終了する。

20店を超える市内の料理屋、ホテル、すし屋が参加して本場のタラ料理を振る舞った。

 

「1年で最も寒い時期、家でごろごろしていませんか。『それよりだったら、にかほ市へ行き、タラ料理を食べよう』をコンセプトに、タラ料理のおもてなし『んだっ鱈、にかほ市へ!』が始まった。年々秋田市などからの観光客が増えている」と観光協会。

平沢のすし屋・中川。店主は腰を少し落とし、左手のシャリ(酢飯)をぎゅっぎゅっと握り、右手人さし指、中指でネタとなるタラの漬けをシャリにあてた。両腕でリズムをつけながら踊るように握った。竿燈の妙技を繰り出す差し手の動きに似ている。

 

店主の遠藤健さん(51)がカウンターの中から1人前2500円の「タラづくし」を勧めた。「ネタのタラの漬けは、自家製タラの魚醤に漬けた。もし、タラが苦手でも一口食べるとタラの魅力に取り憑かれる」。

 

隣席の西目から「タラづくし」目当てに来たという佐藤さん。最後に出てきたタラ汁を味わい尽くし、ふーっと一息。

「タラづくし」満足しましたか。

八郎湖 ワカサギに異変 魚影こつ然と消える 温暖化 氷上穴釣りも絶望的

(雪国TODAY2017年2月号/全文1440文字/写真6枚)

八郎湖のワカサギに異変が起きている。暖冬の影響で湖面に十分な氷が張らず、今期の氷上穴釣りは絶望的だ。そればかりか東部承水路、西部承水路、残存湖でワカサギがこつ然と消えた。

異変は思わぬ場所から始まっていた。八郎潟町の隣、五城目町の朝市。冬期間でも八郎湖の潟魚を求める人たちで賑わいをみせる。1年を通して出店する潟上市大久保の伊藤フサ子さんは昨年10月上旬に異変に気づいていた。

八郎湖のワカサギを求める人で賑わう五城目町の朝市

五城目町の朝市に出されたワカサギ

伊藤フサ子さん

1月下旬の朝市。五城目町の館岡由子さんは伊藤さんの店先でフナを購入していた。「ワカサギにしようか迷ったが、小ブナにした。砂糖としょうゆをたっぷり入れて佃煮にする。ワカサギの佃煮は去年たくさん作った。近所にお裾分けしてもまだ残っている。秋に新鮮なワカサギがあんなに大量に店先に出ていることは、これまでなかったよ」

自家用佃煮作りもいつもの年と違った。

 

八郎湖増殖漁業協同組合長、小林金一さんは八郎湖を複雑な表情で見詰めた。1月下旬だというのに湖面に氷が張らない。「今年のワカサギ氷上穴釣りはもう無理」とつぶやいた。

 

氷上のカラフルな釣り人のテント、釣り人の姿は冬の風物詩。が、今年はこの風物詩が消える。例年だと年明けから湖面が凍り始め、堅い氷が徐々に成長していく。

 

「最初に湖面に降った雪が北西の風に流されながら徐々に固まり、東岸にたどり着くころには堅い氷となり、さらに厚みを増していく。その頃には湖面全体が凍り、さらに堅く厚い氷へと育っていく。こうなれば氷上穴釣りの開始だ。一方、夏から晩秋にかけて湖の深場にいたワカサギは春の産卵に備えて岸に移動する」と小林さん。

この自然のサイクルが変調をきたした。

小林さんは昨秋の2隻1組で行うワカサギ、シラウオのどっぴき漁を思った。組合が自主規制している漁期は10月1日〜11月15日。

ワカサギは湖の下層、シラウオは上層と棲み分けがはっきりしている。

「ワカサギを狙って、シラウオが網に入っていた。ワカサギが生息する深場を狙ったらシラウオだった。水温の変化で生態系が変わった可能性がある」

漁協組合長の小林さん

釣り具店を営む小柳さん

東部承水路湖岸で釣具店を営んで43年。小柳基さんは「昨年10月後半からワカサギ釣りは好調。餌や釣り道具を買い求める釣り人、情報交換をする釣り人で店内は熱気があふれた。でも11月後半になると、ぱったりと釣れなくなった。西部承水路に群れが移動した形跡もない。ワカサギが消えた。こんなことは始めて。そして氷も張らない」と困惑。

「湖水を浄化するカラスガイ、タニシ、藻が激減しており、消えたワカサギとの関連が気にかかる」と顔を曇らせた。

地方創生はドジョウで 秋田産が浅草老舗で評判 「土の香りのするすっきりした味わい」 童謡「どじょっこ ふなっこ」誕生の地から

(雪国TODAY2017年2月号/全文2870文字/写真13枚)

秋田県産ドジョウ料理を楽しむ東京・浅草の老舗「どぜう飯田屋」の客。昼は満席のにぎわい

猛吹雪の中、いけすを見回る佐藤社長

京・浅草のドジョウ料理の老舗は、昼食のドジョウ料理に舌鼓を打つ人たちで賑わいをみせていた。ドジョウ養殖事業を主導してきた秋田県信用組合。日本料理の名店が軒を並べる浅草に販路を構築した。経済の縮小、人口減少にあえぐ地方。地方創生へ企業、金融機関自らの生き残りをかけた待ったなしの状況が続く。

 

浅草寺雷門から徒歩5分。昨年からドジョウの産地を秋田県産に切り替えた明治創業の名店「どぜう飯田屋」。昼どきの大広間は会社員の客が引け、代わって江戸の味を楽しむ常連客、観光客で賑わっていた。

中居さんの勧めで人気メニューの小骨を抜いた「どぜう鍋ヌキ」を注文。創業以来い変わらぬ味の割下は濃い口と薄口の2種類。木箱に入った大盛りの青ネギを腹を開たドジョウにどっさりかけて待つこと5分、ドジョウから香ばしい匂いが漂い始めた。日本酒に合う。

青ネギたっぷりの「どぜう鍋」。日本酒が合う


「ネギの追加は無料。どんどん鍋に入れて」と中居さん。「秋田のドジョウは美味しい。水が良いのかな」と隣席の常連客。

 

5代目の飯田唯之さんは昨年、産地を訪れた。「秋田の生産者に望むことは1年を通して安定した出荷量。味は抜群。水や土、化学飼料を使わない自然の餌が土の香のするすっきりした味を引き出しているのだと思う。どぜう飯田屋の看板を守ってこられたのは品質の良いドジョウあってこそ。 元来、ドジョウは安くて栄養価の高い食物として親しまれてきた。伝統の味を大切にするため、今でも昔ながらの割

下の味を守り続けている。 素朴な庶民の味わいを秋田のドジョウに託したい」

東京・浅草で評判の秋田県産ドジョウ

 

客の三宅正彦さんは都内と米国でレストランを経営している。この日、米国メイン州のレストランスタッフのクリスティー・ジェニングスさんを伴って「どぜう飯田屋」を訪れた。

「米国での日本食レストランにドジョウのメニューが可能か試食に来た。私は青森県三戸出身。米国に秋田ドジョウ参入がないわけではない。昔懐かしい味がした。健康にも良いヘルシーさが米国人のニーズに応えるかも」

「どぜう飯田屋」の厨房

会社員でにぎわう飯田屋


秋田市南通の県信用組合は、地域経済活性化に向け取引先に新たな事業の提案を積極的に展開している。ドジョウ事業もその一環。北林貞男理事長がドジョウの仕分け箱を自ら考案し、信組が費用を負担した。

「もともと秋田にはドジョウの食文化があった。しかし、生息していた川は改修や水田の農薬使用で絶滅状態になった。ドジョウの養殖は新潟県や大分県が先行しているが、調査してみると県内に養殖場を営んでいる人が12人いた。

続きを読む(只今準備中)

もったいない秋田市の赤れんが館 市民の入館たった数人 文化財保護法が学芸員の呪縛

(雪国TODAY2017年2月号/全文3340文字/写真5枚)

もったいない。雪が降り続く日の秋田市立赤れんが郷土館は、ひっそり静まり返っていた。年間2万人を超える来館があるというのに大半が観光客だという。あなたは赤れんが館に入ったことがありますか。

もったいない。雪が降り続く日の秋田市立赤れんが郷土館は、ひっそり静まり返っていた。年間2万人を超える来館があるというのに大半が観光客だという。あなた は赤れんが館に入ったことがありますか。

「観光客が途絶える冬期間、お客さんが減っちゃう」と学芸員。新たな展示作品や企画展などの準備に動き回っていた。

 

初めて入った館内は本当に閑散としていた。赤れんが館は3年の年月をかけて1912年7月に完成した旧秋田銀行本店。1981年5月、秋田銀行から同行創業100周年と秋田市制施行90周年を記念して寄贈されている。

 

 

その後、市指定有形文化財、県指定有形文化財の登録を経て、1994年に国指定有形文化財となった。レンガ造り2階建ての外観は華麗だ。ルネサンス様式を基調としており、土台は男鹿石の切り石積み。1階が白の磁気タイル、2階が赤レンガ。旧営業室の内部は天井レリーフなどバロック様式の装飾を取り入れている。

 

ロビー腰壁の蛇紋岩やカウンターの霞石、床の英国製タイル、貴賓室の総ケヤキ用材、2階への階段は白大理石という豪華さ。贅を尽くした旧秋銀本店は1969年3月まで店舗として使用され、長い間市民に親しまれていた。

 

赤れんが館によると、年間の入館者数は約2万1000人。秋田市民の入館者は2000人足らずという。「入館者の8割強は観光客。市民にもっと親しんでもらいたいがどうしたら‥⋮」と学芸員。

 

ただ、手をこまねいている分けではない。秋銀本店として竣工した7月7日を記念して「キャンドルライトとジャズの夕べ」を実施している。

近所の住民は「ランタンの灯りに浮かび上がったレトロでアンティックな赤れんが館を背景にしたジャズコンサートはうっとりするほど素晴らしかった」。「特別な日のイベントだけでなく、日常的に利用できる施設にしてほしい」

 

「不謹慎だけど雨天でもよかった。だって演奏会場が駐車場から赤れんが館の1階ホールに変更になったから。演奏家なら誰でも本物の石造り洋館の中で演奏したいと思う。音の響きだって確かめたい。こんな場所は県内にはない。ヨーロッパの演奏会は宮殿の中でも開くでしょ」と演奏者。

 

市民の入館者が1日当たり5、6人、年間たったの2000人は、赤れんが館が市民に親しまれていない現状を浮き彫りにしている。

 

お隣の岩手県盛岡市。1927年開館の岩手県公会堂は、2006年に国の登録有形文化財になっている。設計は日比谷公会堂の設計で有名な建築家・佐藤功一が担当した。

 

週末の夕暮れ、岩手県庁に隣接する公会堂の地下にある創業89年のレンスラン「公会堂多賀」に入った。ランチの客の賑わいが引け、スタッフはディナーの準備に大忙しだった。2007年まで5千円札の肖像画だった新渡戸稲造が愛したレストランだ。

 

「杜の都の真ん中に、新渡戸稲造のレストランがあります。今なお古き良き時代の記憶が、味とともに店内に満ちあふれています」がレストランのキャッチフレーズ。

公会堂の右壁面から地下に通じる階段を降り流と、壁には新渡戸の書籍や絵が無造作に掛けられていた。

 

「公会堂はこのレストランがあってこそ市民に愛される文化財です。常連客の賑わいが公会堂を華やかにしている」。レストランのスタッフの言葉が盛岡市民の共通認識となっている。

盛岡市にある岩手県公会堂

新渡戸稲造が古里盛岡を訪れると必ず訪れた個室に案内された。簡素だがぬくもりのある空間。個室の奥に一卓。新渡戸はフランス料理に舌鼓を打ちながら古里の友人らと文学、芸術を語りあった。

「この個室、ディナーの予約が途切れることはないんですよ」とスタッフ。

岩手県公会堂地下のレストラン﹁公会堂多賀﹂


山形市はどうか。

イギリス・ルネッサンス様式を基調に1916年に建てられた旧県庁舎と旧議事堂の2棟から成る山形市の県郷土館「文翔館」。

 

1984年に国の重要文化財に指定されている。

現在は、議場ホール(約250人収容)、中庭、2つの会議室、8つのギャラリーが貸し出されている。コンサートやライブ、その他屋外イベントが行われ、街中心部の集客装置として機能している。

 

山形交響楽団が文翔館を練習場としている他、小規模なコンサートの会場として利用している。

館内のレストランも市民らに人気だ。文翔館は「山形の街を歩いた観光客が館内のレストランで食事をするために訪れる。市民が気軽にコーヒーを楽しむ。それで良いと思う。貴重な展示品も多いが、この建物そのものを食事とともに味わってほしい。文翔館は先人からの遺産。どんどん活用したい。市民の暮らしの中に根付いている」。

 

「観光客は何を求めて山形を訪れるのでしょうか。郷土の作品や資料も大切ではあるが、それよりも街の雰囲気や情緒、美味しい食事を楽しみたいのでは。文化財の中にあるレストランを気軽に楽しむ山形市民が自慢です」。日没から午後9時半までライトアップも実施している。

市民に愛される山形市の文翔館

赤れんが館は、多くの市民に親しまれる施設になること、郷土に関する資料の展示、教育普及活動、資料の調査研究、市民に憩いの場を提供することを目的としている。が、市民に親しまれる憩いの場にはならなかった。

 

赤れんが館の中でレストランを営業してみたらと学芸員に聞いてみた。

「有識者との会合を定期的に行い、どうしたら魅、力的な施設になり、市民が訪れるようになるか話し合いを続けている。でも、それは魅力的な作品、郷土が生んだ作家をどう紹介していくかがテーマ。そして赤れんが館をどう保存、保全していく

か。館内にレストラン設置など話題になることもない。赤れんが館を文化財として保存していかなければならない。改修するなどとんでもない」。

 

「ちょっとした喫茶ルームも無理ですか。気軽に赤れんが館という建造物を楽しみながら飲食し、芸術談義に花を咲かせたいという市民でにぎやかになるのでは」と聞いてみたかったがやめた。

赤れんが館の運営に携わってきた人たちは、建造物保存へ厳しい規制がある文化財保護法の呪縛に取り憑かれた困った人たちだったのだろうか。

 

文化財保護法は第4条2項で、文化財の所有者その他の関係者は、文化財が貴重な国民的財産であることを自覚し、これを公共のために大切に保存するとともに、できるだけこれを公開する等その文化的活用に努めなければならない︱︱とし

ている。

 

秋田市は昨年、機構改革で赤れんが館の所管を教育委員会から観光文化スポーツ部の文化振興課に変更した。

安田忠市参事は「赤れんが館が現状のままで良いわけがない。市民に愛される施設を目指したい」とした。

 

新館に設置されている勝平得之記念館に入った。勝平は秋田市大町6丁目の紙すき業の息子に生まれ、独学で版画を学んで庶民の暮らし、情景を描いた。その作品は数万点におよび、正確な数さえよく分からない。

 

 

本館2階の人間国宝・関谷四郎記念室。関谷もまた同市外旭川に生まれ、市内の金銀細工店で修行を積んで独立。日本鍛金界に大きな業績を残した。

2人のコーナーには制作に励む写真が置かれている。

 

庶民の暮らしをこよなく愛した勝平、庶民から這い上がり功成り名を遂げた関谷。共通するのは"庶民"。閑散とする赤れんが館に何を思うのだろうか。

 

午後4時半。閉館と同時に窓のカーテンは閉じられ、赤れんが館の灯りが消え、往時の活気を取り戻せない川反の飲食店街にネオンが灯り始めた。