バックナンバー

決断 ある帰郷 庭は見ていた 14代当主・直光さん  解体新書の謎 角館の武家屋敷・小田野主水家

(雪国TODAY2016年11月号/全文3900文字/写真9枚)

小田野家庭園を見入る14代当主の直光さんと妻の春江さん

調査船上から見る田沢湖の湖面は刻一刻と姿を変えていた。湖面の流れ、湖面に映る駒ヶ岳、太陽に照らされる湖面の輝き。田沢湖の美しさに心を打たれた 。湖底調査を始めて1週間が過ぎていた。「古里に帰るときがきた」。彼は決断した。胸に込み上げるものがあった。角館の武家屋敷「小田野家」の小田野主水家14代当主・小田野直光さんの“ある帰郷„を伝える。

 

小田野家一門400年の人々を見てきた庭園が紅葉のピークを迎えていた。

中央線吉祥寺から京王井の頭線2つ目の駅、三鷹台で妻の春江さん(57)が下車した。

 

今春、仙北市に移住して以来、月1回の上京。転居したもののピアノのレッスン

 

を続けている。「先生、角館の紅葉素晴らしいですよ。庭のモミジ、枝垂れ桜、ドウダンみんな真っ赤に染まるんです。紅葉が終わると冬景色。いいでしょう」と今夏、角館の小田野家を訪れたピアノを指導する松本美都子さんに話した。「私も小田野家13代の妻たちが愛した庭とともに生きていく」

小田野直武が描いた「解体新書」の表紙

東京都調布市生まれ。東北大学大学院修了後、運輸省船舶技術研究所入り。田沢湖の湖底調査当時は海上技術安全研究所(海技研)統括主幹だった。専門は海中機器の運用、開発プロジェクトの推進。使用済み原子力廃棄物の搬送も専門分野だ。

 

日本で最も深い湖、田沢湖の水深423・4㍍に海技研と仙北市は水中テレビカメラを潜らせるプロジェクトを実施。プロジェクトの経費は全て海技研が負担した。門脇光浩市長は「調査は市の最大のプロジェトになる。クニマスが生息しているかもわからない。温泉が湧いているという話もある」と夢を膨らませた。

2015年、海技研が主導して仙北市と実施した田沢湖湖底調査

 

昨年9月下旬から2週間、田沢湖の湖底調査を主導した。調査は三井造船製の水中小型ロボットを投入。調査エリアは最深部と湖底2カ所にあるマウンドと呼ばれる丘が中心だった。午前6時から午後4時まで湖の中央で寒風にさらされながら湖底のデータを収集した。

 

田沢湖には苦難の歴史がある。第2次世界大戦中、水力発電などのため、別の水系だった強酸性の玉川の水が引き込まれて水質が激変。固有種のクニマスが絶滅した。

 

2010年、田沢湖から移されたとみられるクニマスの生息が70年の歳月を経て山梨県の西湖で確認された。クニマスは西湖、本栖湖、野尻湖に移植されたことが分かっており、西湖の移植については1935年に10万粒の発眼卵が移植されたとの記録がある。

クニマスが生息する田沢湖は市民の悲願。

続きを読む(只今準備中)